ルナベリーの効果|生理前の頭痛やイライラ、ニキビにも効く?

生理前になるとどうしようもなくイライラしてしまってうまく自分がコントロールできない・・・
意外と同じような思いの女性は多いものです。
最近ではこのような状態が月経前症候群、またはPMSと言われ、
改善可能なものだと認識されるようになってきました。

 

そのようなPMSに悩んでいる女性のためのルナベリーを効果を中心に見ていきたいと思います。
今ならお試し購入ができるキャンペーンも行っているので手に入れやすい今だからこそ、
その効果を中心にこのページではお送りします。

 

ルナベリーの効果は、その中に含まれている成分を見ていくと理解できます。

 

まずはチェストベリーです。
このチェストベリーは、海外では女性特有の悩みに対して効果があるということから
何千年も昔から利用されていたという歴史を持つハーブです。
女性ホルモンの分泌バランスに働きかける作用があることから、
生理前の心身の不調であるPMSや生理不順、
またホルモンバランスの乱れからくるニキビに対する作用を期待することができます。

 

それから女性ホルモンに対する作用という点に関して言えば、
ルナベリーには大豆エキスやブラックコホシュ、ワイルドヤムやレッドクローバーなども含まれています。

 

これらはいずれも、女性ホルモンの内、エストロゲンに似た作用を持つとされている成分を含んでいます。
エストロゲンの減少も、やはりPMSや生理に関係していると言われているので、
それらに対する改善効果も期待できます。
エストロゲンはまた、女性の美しさを司るホルモンだとも言われているので、
それらに対する作用が期待できるというのも嬉しいですね。

 

それから月見草エキスも配合されているのですが、これは『γリノレン酸』という必須脂肪酸を豊富に含んでいます。
γリノレン酸の不足は、PMS発症にも大きく関係していると言われています。
更にγリノレン酸には、生理痛を引き起こす原因物質の発生を抑制する作用もあると言われています。
そのためこの成分を含んでいるルナベリーには、生理痛の緩和に対する効果を期待することもできます。

 

また生理痛は、血行不良も原因のひとつだと言われています。
血行不良は生理痛だけではなく、生理前の集中力の低下、気力の減退にも関係していると言われています。
更に冷えにもつながることから、生理不順を招く要因のひとつとも言えます。

 

ルナベリーには、血行を促進させる作用があると言われているイチョウ葉が含まれています。
また同じく血流促進作用を持ち、同時に鎮痛作用もあるとされているピクノジェノールも含まれています。

 

ですからこれらの成分の働きによっても、生理痛の緩和が期待できます。
また気分を落ち着かせる作用があると言われているパッションフラワーも含まれているので、
PMSの精神的なイライラ、不眠に対しても改善効果も期待することができます。

 

ルナベリーに配合されているこれらの成分は、すべてが天然のハーブ、植物などを利用したものです。

 

ですから即効性という面では物足りないかもしれませんが、その代りに体に余計な負担をかけることなく、
継続して飲み続けることでおだやかに改善されていくことが期待出来るんですね。

 

ルナベリーの成分から見る効果

ルナベリーの特筆すべき成分としては
月見草、ブラックコホシュ、ワイルドヤム、レッドクローバー、ピクノジェノール、パッションフラワー、イチョウ葉、亜麻仁油 排卵期に減少しやすいビタミンB群をはじめ、カルシウム・マグネシウム・イソフラボンといった女性にはうれしい成分がPMSに対して配合されていることです。

 

そこで特にルナベリーのハーブ面から効果を見ていきます。

 

チェストベリー

地中海沿岸地域に生息する、チェストツリ―という植物の実から抽出したエキスをチェストベリーといいます。

 

チェストベリーはPMSの有効成分とされており、古くからPMSや生理不順などの女性の悩みに用いられてきました。

 

ルナベリーでは、チェストベリーを40mgも配合しており、医薬品レベルの含有量となっているようです。

 

月見草

月見草は日本において風流な印象を持っている植物なのですが、
その種子から抽出される油にはy‐リノレン酸が豊富に含まれているんです。

 

その油が生活習慣病やお肌に対して有効な効果を持つといわれている
立派なハーブなんです。

 

 

さらにホルモンバランスを整える効果もあるといわれるため、PMSにも期待できる成分です。

 

ブラックコホシュ

北アメリカに生息する、白く美しい花を咲かせる多年生植物で、
多くの顔面紅潮(ホットフラッシュ)やさまざまな更年期障害の症状に対するサプリメントとして使われています。
同時に月経痛や月経前症候群などの症状や分娩誘発に対しても使われることが多く、
PMSという症状に対しての商品の多くに配合されています。

 

ただし、近年の研究の結果注意すべきこともでてきました。

 

英国医薬品・医療製品規制庁において、ブラックコホシュ摂取により、肝機能障害、黄疸、肝炎等肝臓に関する健康被害が生じる危険性がある旨発表がありました。

 

厚生労働省のブラックコホシュの注意点

 

 

ワイルドヤム

アメリカやメキシコ、アジア各地に生息する山芋の一種です。
バストアップサプリなどにも多く使われ、女性の悩み全般にもサポートしてくれるといわれています。

 

これはワイルドヤムから抽出される成分にジオスゲニンとサポニンというものがあり、
ジオスゲニンは若返りホルモンによく似た性質を持ち、
サポニンはコレステロールの除去や動脈硬化の予防効果があるといわれています。

 

つまりPMSに対してはジオゲスニンの若返りホルモンに似た性質が
有効な効果だと注目されているんですね。

 

レッドクローバー

レッドクローバーは、古くから薬として用いられてきたヨーロッパ原産のハーブです。

 

日本ではムラサキツメクサという和名で呼ばれ、喘息、百日咳、がん、痛風といった
病に使われてきた歴史があり、
近年では主に更年期障害の症状、高コレステロール血症、または骨粗しょう症に対して
多く使われるようになっています。

 

レッドクローバーから抽出されるエキスには女性ホルモンに似た働きをするため、
PMS対策にも効果が期待できるといわれています。

 

注意事項としては妊娠中の妊婦さんや授乳中のママさんには
レッドクローバーは使わないほうがよさそうです。

 

厚生労働省のレッドクローバーについて

 

ピクノジェノール

フランス南西部に生息する、「フランス海岸松」の樹皮から抽出されたエキス。
松は日本で見るととても和風な景色になるため、フランスにあるといわれると
びっくりするかもしれませんが、このフランスの松の樹皮からできたのが
ピクノジェノールなんですね。

 

ピンクジェノールは約40種類もの有機酸を含むフラボノイド複合体で
抗酸化物質が豊富で、女性を若々しくサポートします。

 

パッションフラワー

アメリカが原産の植物で、古くから天然の鎮静剤として使われてきました。

 

その鎮静効果は過度の緊張や精神上の不安から起こる
過敏性腸症候群や不眠、頭痛、神経痛、ストレス性の高血圧や喘息などに
有効で、ハーブティーなどでも使われています。

 

 

ただ医学的なエビデンスとしてはまだまだ研究段階という側面もあります。

 

厚生労働省のパッションフラワーの説明

 

花の形が時計のように見えることから、時計草とも呼ばれているそうです。

 

イチョウ葉

イチョウ葉は約2憶5千年前から地球上に生息する、生きた化石ともいわれる植物です。

 

若々しさをサポートするフラボノイドを含むため、古くから健康ハーブとして用いられてきました。

 

このフラボノイドは記憶の維持などにも効果的だとして
記憶分野、認知分野などでも使われるようになっています。

 

亜麻仁油

最近注目されている、亜麻という植物の種子から抽出されたオイルのことです。

 

身体の機能を整える作用をもち、女性の健康を助けてくれます。

 

ルナベリーの効果まとめ

以上ルナベリーの効果を配合されているハーブを注目してみていきました。

 

 

 

 

 

【あわせて読みたい関連ページ】

 

ルナベリーの効果的な飲み方と注意点

 

TOPへ